神経の痛みには、その原因がわかるものと特定しづらいものがあります。

神経の痛みと薬物療法

線維筋痛症の治療法について調べてみました。

線維筋痛症の治療は、薬物療法と非薬物療法があります。

薬物療法では薬により神経の痛みや全身の痛みを和らげたり、精神的を安定させたり、睡眠への導入を助けたりし、日常生活の質を改善する効果があります。

線維筋痛症では、一般的な不眠とは違い、痛みで眠れないということがあります。

その場合、睡眠薬ではなく鎮痛薬を飲むことで睡眠の改善をはかることもあります。

線維筋痛症の原因ははっきりとわかっていないために、病気そのものの治療ではなく、痛みをやわらげることが中心になってきます。

痛みを和らげる薬や抗うつ薬、抗てんかん薬が主に使われます。

筋肉の痛みや神経の痛みが抑えられるだけでも、心も体も楽になるのではないでしょうか。

非薬物療法には、運動療法や心理療法、温熱療法などの理学療法と、生活指導などの心理的治療法があります。