神経の痛みには、その原因がわかるものと特定しづらいものがあります。

神経の痛みや筋肉の痛みなどは外的要因になります

繊維筋痛症の原因は、手術、外傷などの外的要因に分けられます。

外的要因は、疾患、手術、外傷、スポーツなどによる筋肉や神経の痛み、その他の痛みで、内的要因は睡眠障害、妊娠、出産、更年期障害、睡眠障害、結婚、離婚、家族との死別、就職や転職などが挙げられます。

原因はまだはっきりとわかっていませんが、心と体に対するストレスがきっかけで発症すると考えられています。

線維筋痛症について、今のところこの病気が診断できる検査はないということです。

血液やレントゲン、CTなどの検査を行っても、線維筋痛症と明確に診断できる検査はないのです。

そのために、線維筋痛症についての知識や特徴をよく知っている医師でないと、診断できない、ということになりますね。

検査結果に異常がなければ、それは事実であるのですから、それでも神経の痛みや体の痛みをうったえるということは、患者の問診も大きな手掛かりになることでしょう。